サングラスの歴史

サングラス

サングラスは、夏などにおいて日差しがきつい時に使われる色付きのメガネの事です。
サングラスの起源は明らかになっておらず、古代ローマ皇帝のネロがコロシアムの催しを観戦する時に、エメラルドで作られたレンズが入った眼鏡を使用していたという話も諸説あります。
12世紀頃において、中国の裁判官がスモーキークォーツを使用した眼鏡を着用していたという話もあります。
安価な大量生産品のサングラスが登場したのは、1929年にアメリカの事業家によって導入されました。
近年では、特に指定なしの場合には、黒いレンズが入った眼鏡の事をサングラスと呼んでいます。
偏光フィルターが採用された製品を偏光グラスと呼ばれており、このタイプの眼鏡は、雪上や水上でのスポーツなどで使われるケースが多いです。
雪や水面の太陽光の反射を抑える事によって、見易くする効果があります。
基本的にはミラーグラスですが、反射防止コートを使って反射を軽減させているサングラスもあります。
サングラスには、サイズの指定なしの製品も存在します。